|
|
|
|
|
|
|






2016年8月26日発売

CD "ギターのためのジャック・イベール作品集"   Jacques Ibert works for guitar


  1人の作曲家に焦点を当てる新井伴典プロデュースの新企画、ワン・コンポーザー・シリーズ第1弾はフランス近代作曲家”イベール”その作品に通底するスペインの響きはギターでの演奏によって香り立つ。理解に苦しむことのないイベールの音楽はギターの新しいレパートリーとなるだろう。


ギター 松田弦&新井伴典

収録曲    クリックで20秒ほど試聴できます(Wave形式)
    01 02 寓話T&U ※
    03 フランセーズ

    15の絵画による小組曲 ※
    04 前奏曲    05 ロンド    06 陽気なぶどう作り    07 星たちへの子守歌    08 呑気な騎手
    09 閲兵式    10 そりに乗ってひと回り    11 ロマンス    12 カドリーユ    13 水上のセレナード
    14 ミシン    15 別れ    16 クロッカス    17 初めての舞踏会    18 御者のダンス


    19 水上の朝
    20 リリパット村の悪戯っ子 ※
    21 ルーセルの名によるトッカータ ※
    22 アリエット(新井ソロ)
    23 スケルツェット


    物語 ※
    24 金の亀を使う女    25 小さな白いろば    26 年老いた乞食    27 風変わりな娘    28 悲しみの家で
    29 廃墟の宮殿    30 机の下で    31 水晶の籠    32 水売り女    33 バルキス女王の行列


    ※ 新井伴典 編曲
録音時期:2012年4月 2015年12月
録音場所:滋賀県、ガリバーホール
録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)


UNCD-1020 価格¥2,700+税

現代ギター 2016年9月号
これまでにも新井は旋律楽器とのデュオでイベール作品を編曲・演奏してきたが、本盤ではデュオ・パートナーに松田 弦を迎えて、 丹念に練り込まれた編曲と巧みなデュオ・ワークにより、ギター2台でイベールのスペイン情緒をより鮮明に描き出すと同時に、それとは対照的なロマン派風小品が持つワン・フレーズの魅力を捉えることにも成功している。

レコード芸術 2016年10月号 準特選盤
このたびはちょっと意表を突かれた。CD1枚まるごと、ジャック・イベールの作品で埋めるという前代未聞の企画なのである。新井は、俊英奏者松田弦という絶好の相手を得て、まずは理想的と言える編曲・演奏のわざをもって実現してくれた。どの点から見ても高い評価に値する編曲アルバムとなっている。

CDジャーナル 2016年10月号
二人の演奏による、歯切れのいいリズム、明快なメロディ・ライン、繊細な表情など、イベールの持つスペイン的側面が伝わってくる。

音楽現代 2016年10月号 注目盤
どの曲もピアノとは異なるギター特有の音色と味わいで楽しませてくれる。

現代ギター誌2016年10月号からCD”イベール作品集”より「小組曲」の楽譜掲載がスタートしました。



Copyright © 2000-20016 Tomonori Arai. All rights reserved.